週末探検隊 B隊長のつぶやき

廃墟・遺構撮影、それに付随したアウトドアなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガチ穴(2)

 

この穴は足元もしっかりしており、順調に奥へ進むことができた。

すると目の前に壁が立ちふさがり、行き止まりとなっている。

道を間違えたかな?と思っていると、ガイドが「ここを上ります。」と言った。

最初冗談かとおもったが、どうやらマジらしい。

急な坂があると聞いていたが、坂というよりほとんど壁の状態。

最大斜度45度ということだが、60度以上はあるように見える。

高さは20mはありそうだ。

途中には過去に取り付けられたロープが垂れ下がっている。

そこまで行けば、ロープを掴まりながら問題なく登ることができそうだ。

 

300_2830

       ルートを確認するマイケル藤沢氏と、写真撮影をする藤本氏。安定した足場はここまで。

 

ところがそれが大間違いだった。

ロープのあるところから先は、むき出しの地下水で塗れた滑りやすい岩場。

登ろうとしても、まったく足が引っかかがらず、簡単に滑り落ちてしまう。

足元が頼りにならない以上、ロープを掴んで腕力を頼りに上らなければいけない。

下のほうを振り返り穴の底の方を見てみるが、暗く見ることができない。

最後尾で控えている藤本氏のヘッドランプの光だけがチロチロと見えているだけだった。

「かなり厳しいが、ロープを離さなければ、落ちることはないだろう。」と思い、気合を入れ、ロープを手に巻きつけて一気に上り始める。

 

いける!と思ったところ、あと少しという所で足がすべり、滑落しそうになってしまった。

撮影装備を含めた全体重が、ロープを巻きつけた左手にかかる。

巻きつけたロープが体重によって締め上げられ、左手に激痛が走る。

痛さのあまり、あわててロープを解こうとしたが、この状態でロープが解けたら私はこのまま暗い奈落の底まで落ちてしまう!

「今ロープを握るこの手だけで、自分の命を支えてる!離せば死ぬ!」

ものすごい恐怖が沸き上がってきた。

危ない所へは何度も行っているが、「今、ここで本当に死ぬかもしれない。」と思った経験は、生まれてはじめてだった。

 

300_2835

    アタックをかけるマイケル藤沢氏。彼もかなり苦労したようだ。同じような恐怖を感じたことだろう。

 

軽いパニックになりながらも、ゆっくりロープを緩め、なんとか安定した足場の所まで戻ってきた。

登れなかったという悔しさよりも、無事戻ってこれたという安堵感でいっぱいだ。

「今回は無事戻れたが、次登ろうとしたら、穴の底まで滑り落ちてしまうかもしれない。」という恐怖心がふつふつと沸いてきた。

ここは俺には無理なんだという諦めの気持ちも強る。結婚して半年で、こんな所で死んでしまったら死んでも死にきれんw

その時、先に上っているガイドから「時間はまだまだある。一休みしてゆっくり行こう。」と声をかけられた。

その一言で気持ちが落ち着き、ゆっくり壁面を観察しながらルートを考える余裕ができた。

5分ほど休憩しただろうか。

気持ちを落ち着けた後、ガイドのアドバイスも受けながらなんとか上ることができた。

ガイドの一言がなければ、間違いなくここで引き返しただろう。

 

ここさえ登れは、あとは楽だと聞いていたが、それは間違いだった。

この先にもトラブルはまだ待ち構えていた・・・

  1. 2010/01/24(日) 03:38:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コミックマーケット77に来て頂いた皆様、御礼申し上げます。

コミックマーケット77 週末探検隊スペースに来て頂いた皆様、ありがとうございました。
多くの方から暖かい応援の言葉を頂き、中には連載しているワンダーJAPAN誌を持参してくる方もいらっしゃいました。
コミックマーケット78が当選しましたら、新作を用意しておきたいと思います。
また会場でお会いしましょう。

コミックマーケット77で頒布しました新刊の通販も開始しました。
・廃墟遺構探索04 第五高炉
・大東京 謎の地下空間 渋谷の地下を流れる川
よろしくお願いします。
http://www.syumatutanken.net/

  1. 2010/01/01(金) 22:28:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コミックマーケット77参戦!

年末恒例の大イベント、コミックマーケットに今回も参戦します!

12月30日 西地区 "ら" ブロック 26a

1211_comike-comp [更新済み].ai

 

今回の新作は今年前半、廃墟好きや工場好きの話題となった、「第五高炉」です。
多くのサイトなどでも紹介されましたが、他では見られない週末探検隊の「第五高炉」をお見せします。
あと前年好評頂きましたカレンダーも作成しました。

20091217高炉ol.indd

10-11のコピー

また、今回は音楽CDも委託販売させて頂く事になりました。
C76で夢想吊橋DVDの楽曲を提供してもらったjunichi watanabe氏による、
工場や工業地帯をイメージしたアルバム、「コンビナートデ鳴ラスベキ音楽」を頒布いたします。
夢想吊橋DVDに使用され、週末探検隊テーマとなるOP曲の「Stray Dogs」や
ED曲「Point Of NoReturn」も収録されています。

 

 

合体スペース隣の26bでは、遺構調査機構も新作出すそうです。

156

 

こちらも併せてよろしくお願いします。

  1. 2009/12/28(月) 22:16:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ひゅうが」

“廃道ナイト”前日の5日夜に、なにげなくネットを見ていたら、

なにやら海上自衛隊の最新・最大のDDH(ヘリ搭載護衛艦)、「ひゅうが」が横浜大桟橋埠頭に来ているらしい。

警察・消防と合同の、防災訓練に来ているとのこと。

ベイブリッジと一緒に撮影することも出来そうだ。

翌6日には一般公開されるらしいが、その日はお台場カルカルにて“廃道ナイト”があるので不可能。

じっくり写真撮影をするなら、今しかない!

急遽仲間に連絡を取り、深夜の山下公園へ向かう事にした。

 

山下公園から大桟橋を望むと、巨大な船体が横たわっていた。

300_1829

肉眼では船体が真っ黒で見えにくく、最初どこにいるのか分からなかった。

 

できれば大桟橋の上から撮影できればいいんだけれど、すでにもう午前1時を回っている。

最新の軍艦なだけに、夜間は警備で近づけないだろう・・・。

でもせっかく来たのだから、近くにいける所まで行ってみる事にした。

300_1835

 

 

パトカーの回転灯にビクビクしながら歩いていくと、

300_1860

300_1849

余裕で桟橋上から撮影できましたw

まさかここまで近づけるとは思わなかった。

こんなことなら、広角レンズを持ってきたのに・・・

 

夜明けまで撮影していようと思ったが、眠気に襲われ暗いうちに撤退を決意。

”「ひゅうが」をベイブリッジと一緒に夜間撮影する。”という目標は達成できたしね。

ガチの鉄則、「無理は禁物」だ。

300_1854

  1. 2009/09/11(金) 00:12:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【御礼】C76終了いたしました。

コミックマーケット76「遺構調査機構」に来ていただいた皆様、ありがとうございました。
週末探検隊は委託での販売でしたが、今回も多くの人が私達のスペースに来ていただき、感謝しております。

また次回、2009年冬も参加する予定です。
次回作は今年度の勝負作品とするつもりです。
期待以上の作品をご用意したいと思います。
ご期待ください。
  1. 2009/08/19(水) 23:43:33|
  2. 未分類
前のページ 次のページ

過去の閲覧者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

BARO2000

Author:BARO2000
「遺構調査機構」で週末探検隊、B隊長と紹介されてます。
隊長といっても、オフの企画をするだけなんですけどね・・・。
先日、長年使った(?)D70sからD300に買い換えました。
機能が多くて、使いこなすのに時間かかりそう。

blog初心者でよく分からんことばかりですが、よろしくです。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。