週末探検隊 B隊長のつぶやき

廃墟・遺構撮影、それに付随したアウトドアなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第三次下田作戦(4):地下工房

地底廃墟を撮影したあたりで、かなり疲れがでてきた。

蒸し暑い上に埃が酷く、そろそろ地上に戻りたいと思うようになった。

だが、この地底散歩はまだ続くらしい。

まだ見所の地下工場があるとのこと。

ここまで来たんだ。

「次また来ようと思っても、いつ来れるかわからないじゃないか。」と自分に言い聞かせて着いて行く。

 

線路がある坑道を進んでいくと、坑道やインクラインでよく見かけるワイヤー巻取り機があった。

正式名ななんという機械なんだろう?

とりあえず我々の間では、通称「パズーレバー」と呼ばれている。

広いホールのようなところにでると、周囲にはいろいろな機械が散乱している。

どうやらここで切り出し作業をしていたようだ。

大きな丸ノコの歯が転がっていたり、運搬用のワイヤーが張り巡らされている。

どれもかなりさび付いてしまい、使えそうなものはない。

小耳に挟んだ会話では、ここの地下工房は老夫婦二人で作業していたらしい。

本人達の事はまったく分からないが、この暗く狭い中で重労働を行っていたかと思うと、ちょっとかわいそうな気持ちになった。

 

この地下工房は入り口からかなりの距離があり、段差があるところも越えてきた。

そんなところに大型の機械があるのは驚きだった。

どうやって運んできたんだろうか?

切り出した石をつっていたワイヤーにはまだテンションが残っている。

だが、この湿度ではそう遠くないうちに錆落ちて、崩れてしまうだろう。

 

うろうろしていると、切り出した石に、最近書かれたっぽい落書きを発見。

地元の不良だろうか?

だが、どこかで見たことがある名前のような・・・

気のせいかな。

いきさつは当人から聞きましたw

 

「今日はここで戻ります。」と隊長氏の言葉を聞いた時は、正直ほっとした。

穴探索が好きだが、さすがに長時間この空間にいるのは辛かった。

穴探索を終えた後、地上に出たときの開放感と外の空気の清々しさはたまらない。

今回の穴探索は見所も多かったが、十分満足という気分だ。

お疲れ様でした。

スポンサーサイト
  1. 2008/02/29(金) 01:34:23|
  2. 探索記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<下田作戦番外編:伝説の探検隊は、今なお確かに存在した! | ホーム | 第三次下田作戦(3):地底廃墟>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/03/01(土) 16:56:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://weekendtankentai.blog28.fc2.com/tb.php/18-d6d87b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

過去の閲覧者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

BARO2000

Author:BARO2000
「遺構調査機構」で週末探検隊、B隊長と紹介されてます。
隊長といっても、オフの企画をするだけなんですけどね・・・。
先日、長年使った(?)D70sからD300に買い換えました。
機能が多くて、使いこなすのに時間かかりそう。

blog初心者でよく分からんことばかりですが、よろしくです。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。