週末探検隊 B隊長のつぶやき

廃墟・遺構撮影、それに付随したアウトドアなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガチ穴(1)

9月下旬のシルバーウィークに、11度目の東北遠征を行ってきた。

坑道や夜間撮影をメインとするため、昼間に休憩や睡眠を取り全行程夜間に活動する事とした。

車の混雑もなく移動時間も短縮でき、温泉でも日帰りプランで十分なのでお金の節約にもなる。宮古湾マースのランチパックプランおすすめですw

今回探索する穴は全部で3箇所。

その中でも最重要目的は、”ガチ穴”と呼ばれる鍾乳洞の撮影だ。

岩手には龍泉洞や安家洞といった観光化されている鍾乳洞が多数ある。

この穴の入り口は立ち入り禁止となっている、“特別な場所”にある。

当然観光化はされておらず、未公開だ。

青木ヶ原樹海にある溶岩洞窟はいくつか探索したことがあるが、観光化されていない鍾乳洞探索はほとんど経験がない。

鍾乳洞探索には危険が伴うのは容易に想像できるので、現地の探索経験のある人物をガイドとして同行してもらう事にすることにした。

 

300_2792

入り口はコンクリートに固められている。

外側は“特別な場所”という事情で見せることはできない。

入り口は小さいが、鍾乳洞の中に入ると、広い空間が広がっている。

300_2800

壁面の後を見ると、かつては水が満たされていた痕跡がある。

現地ガイドの話だと、過去に起きた地震の後、溜まっていた水が流れてしまったそうだ。

床面は土が堆積しており、溶岩洞窟に比べて歩きやすい。

 

だが、楽だったのはここまで。

この先には難関の連続だった・・・

スポンサーサイト
  1. 2009/11/06(金) 22:59:04|
  2. 探索記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貝殻島灯台

私事ながら、人生最大級のイベントを執り行ってきました。
これから新しい人生を歩む事になりますが、撮影探検趣味はまだまだ続けられそうです。

そんなバタバタした状況の中、先日北海道へ灯台を撮りに行った仲間が帰ってきました。

貝殻島1

距離があるので、さすがに鮮明な写真とはいえないですが、
コンクリートのはがれ具合とかよくわかります。
隣の島にいるモコモコしているのはアザラシらしいです。

本当はもっと近づいて撮りたい所ですが、

貝殻島2

こんな風に、海上保安庁や容赦ないロシア海軍沿岸警備隊やうろうろしている海には、
とてもじゃないけど近づけそうにありませんw

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2009/05/22(金) 00:11:05|
  2. 探索記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

廃墟の島

廃墟の島と言えば、軍艦島が誰でもしっているくらい有名だが、

この廃墟の島の存在は私も最近まで知らなかった。

 

貝殻島。

kaigara22

 

北方領土に属するその小さな島には、灯台が一つだけ建っている。

私の友人は貝殻島灯台に魅せられ、自分で綺麗にカメラにおさめるべく北海道へ旅立った。

だが、そこは北方領土。

容赦ないロシア海軍沿岸警備隊が待ち構えている。

船をチャーターできたとしても、上陸どころか近づくことさえできない。

そこで、超望遠レンズを使って沿岸からの撮影を試みることにした。

しかし、200mmや300mm程度の望遠ではまったく届かない。

500mm以上の超望遠レンズが必要だと思えるかが、安くても50万以上はする代物。

100万円を超えるものも珍しくない。

いくらなんでもそこまでの金はない。

 

そこで彼は、天体望遠鏡デジスコで挑む。

この撮影のために彼が用意した武器がこれだ。

DSC_8413

 DSC_8416

http://www.tomytec.co.jp/borg/product/telescope/80fai/101set/101ed_telephoto.html

APS-C換算1344mm相当。

これなら海の向こうの小さい灯台でも撮れるはず。

カメラ用超望遠レンズに比べ、だいぶ安く上がったが、それでも15万はする代物だ。

交通費含め、かなりの金額を使った以上、彼には満足できる写真が撮れる事を祈りたい。

 

彼にこの作戦が終わったら、コイツはどうするのかと問うと、「他に使い道ないし、鳥でも撮るかな・・・」とつぶやいていた。

  1. 2009/04/18(土) 19:02:46|
  2. 探索記
  3. | トラックバック:0

夢想吊橋・崩壊突破

去年の秋に、訪れた仲間から「崩壊。突破ならず。」との報告を受け取った”夢想吊橋”。

http://weekendtankentai.blog28.fc2.com/blog-date-200811.html

またその仲間達が、またしても探索に行くとの話を聞いた。

撮影目的とも聞いていたし、あの橋が状態なら渡るのは無理だろうとは思っていた。

だが、あの連中はまたしてもやってくれた!

 

あの状態の橋を渡るとは、ガチにもほどがある!

帰宅後、彼は「まだ渡れるヨ。今行かないと、渡れなくなるよ?」と言っていた。

もう無理だからw 渡れないからw

週末探検隊で最もベストを尽くす男、なかてぃ。

彼がベストを尽くす時は、ただではすまない。

  1. 2009/03/24(火) 21:31:13|
  2. 探索記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巨大廃プラント

先日、最近話題の"廃"へ撮影に行ってきた。

予想以上のすばらしい光景が待っていた。

これほど巨大で、濃密な廃施設はもう二度と見ることは出来ないかもしれない。

  

  DSC_7808-1 

 DSC_7798-1

 DSC_7812-1 DSC_7806-1

  1. 2009/03/07(土) 01:25:44|
  2. 探索記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

過去の閲覧者数

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

BARO2000

Author:BARO2000
「遺構調査機構」で週末探検隊、B隊長と紹介されてます。
隊長といっても、オフの企画をするだけなんですけどね・・・。
先日、長年使った(?)D70sからD300に買い換えました。
機能が多くて、使いこなすのに時間かかりそう。

blog初心者でよく分からんことばかりですが、よろしくです。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。